毎月生理が来る前ってすごくつらいですよね。生理前になるとイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になります。こんな症状には漢方が身体にいいようなので身体の不調を改善してみましょう。またピルについても紹介します。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • 女性のおりものは体調管理のバロメーター

女性のおりものは体調管理のバロメーター

おりものが体調管理のバロメーターになるのは、その役割を考えるとわかりやすいです。
おりものとは、簡単に言うと子宮頸管から分泌されているもので、これは粘液や膣の分泌物が混ざり合ったものです。
どうしてこれが分泌されるのかと言うと、膣の潤いを保つため、そして雑菌などが子宮に入り込むのを予防するためです。

よっておりものに何らかの異常が見られた場合には、子宮や膣に何らかの異常が発生している可能性もあると考えることができます。
これらは体調管理においては見逃せないことですから、おりものはそれを判断するバロメーターになり得ると言えます。

ところで女性のおりものは、その量や臭い、色などにおいては個人差が大きいのがひとつの特徴です。
また生理や体調、ストレスの度合いなどによってもこれらは変わってくるので、どのような状態が異常なのかを判断するのは難しいかもしれません。
しかし一般的には、以下のようなおりものが正常な状態だと言われています。

まず量ですが、これは下着が濡れてしまうくらいに多くても、異常ではないとされています。
特に排卵期には、女性ホルモンの影響を受けて多い傾向にあります。
それから臭いですが、おりものにはタンパク質が含まれているので、生臭いような、酸っぱいような臭いがすることが多いです。
特に時間が経過して、下着に付着したものに関しては、このような臭いが強く出てくることもあります。

そして色に関しては、無色透明、乳白色やクリーム色が基本です。
下着に付着した場合には、乾燥したタンパク質が固まって黄色くなることもあります。
また月経直前には、少量の血液が混じることも珍しくはありません。

以上のようなことを踏まえた上で、たとえば臭いがいつもとは違う、悪臭がすると言う場合や、色において黄色が強い、また混ざると言うレベルを超えて血液の赤茶色が強いと言う場合には、何らかの異常が疑われます。
ですからこのような時には、できるだけ早めに検査を受けることが望まれます。

おりものに異常が見られる場合は性病の可能性も

おりものに異常が見られた場合に疑われるのは、たとえばストレス、睡眠不足、それによる免疫力の低下などです。
また免疫力低下によって雑菌などが侵入しやすくなって感染症にかかっていること、性病にかかっていることも可能性としては考えられます。

具体的には、まずおりものの白みが強く、豆腐をすりつぶしたようにポロポロしているような状態の時には、膣カンジダ症が疑われます。
この場合にはデリケートゾーンに強い痒みが出てくるのも特徴です。

それから黄色が強い、血液が多く混ざっている、更に泡が混ざったおりものの場合には、膣トリコモナス症の可能性も考えられます。
この性病に関しては、同時に悪臭がすることもあるのでそれもポイントのひとつです。

更に膿が混ざっている、緑色のような色合いもあると言う場合は、淋菌感染症、性器クラミジア感染症、膣炎や骨盤腹膜炎などが候補としては挙ってきます。
膿が混ざっている場合には、強い悪臭がすることも多いです。
またこれらの症状の多くは、下腹部痛や発熱を伴うこともあります。

以上のような感染症や性病は、知らず知らずの内に感染してしまっていること多いため、感染自体になかなか気がつかないままと言うことも少なくありません。
しかし放置しておくと、場合によっては女性機能に重大な支障をきたす恐れもあるので、できるだけ速やかに発見、処置を受ける必要があります。
そのためにも、普段から自分のおりものの状態をチェックし、異常が見られた場合は検査をすることが必要です。

また性病、感染症以外にも、特に血が混ざったような赤褐色、茶褐色のおりもの、加えて悪臭が強いおりものの場合は、子宮頸がんが疑われる場合もあります。
この場合は、子宮に関する疾病をチェックする検査を定期的に受けることで、早期発見が期待できます。

関連記事