毎月生理が来る前ってすごくつらいですよね。生理前になるとイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になります。こんな症状には漢方が身体にいいようなので身体の不調を改善してみましょう。またピルについても紹介します。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • 女性特有の悩み月経痛を引き起こす子宮内膜症とは?

女性特有の悩み月経痛を引き起こす子宮内膜症とは?

「毎月の月経痛がひどくて…」と悩んでいる女性って、結構いるものです。
薬を飲んだり、1日寝れば大丈夫と思ってついつい流してしまいがちですが、その痛みは子宮内膜症という病気かもしれません。
子宮内膜症というのは、閉経前までの女性約10%に起こり、特に20~40代で発症するといわれています。

本来は子宮の内腔にしかないはずの子宮内膜の組織が、卵巣や卵管など子宮内以外の場所にできる病気です。
そして、子宮内膜症の代表的な症状は“痛み”として現れます。
痛みが軽い方やまったく症状の無い方もいるようですが、月経痛・それ以外の下腹痛・腰痛・性交痛・排便痛など、内膜症のある場所や大きさ・癒着の程度によって様々な症状が現れます。
月経痛だけだと自分は人よりちょっとツライだけだと思ってしまいがちですが、放っておくとどんどん症状がひどくなるのも子宮内膜症の特徴です。

通常は、子宮に出来た内膜が生理の時に血となって出てきてくれるのですが、子宮以外の所に出来てしまった内膜はお腹の中にとどまってしまい、他の組織に癒着を起こして痛みの原因になっていきます。
そして、放っておくと慢性的に炎症を起こし始め、さらに内膜が癒着し、症状がどんどんひどくなっていくのです。
卵巣チョコレート嚢胞といい、卵巣内に子宮内膜と血液が泥状に溜まってしまう場合もあります。
病気の進行に伴い、腰痛・下腹痛・性交痛・排便痛といった痛みも現れ、不妊の原因にもなってしまいます。
不妊症の女性の約30%に子宮内膜症があると言われているのです。

そしてもっと恐ろしいのは、子宮内膜症は良性のものですが、40歳以上であったり、チョコレート嚢胞が10CM以上の女性であれば、がん化するリスクが高まるということです。
卵巣チョコレート嚢胞は、通常の卵巣で起こる子宮内膜症の、なんと23倍もがん化する恐れがあります。
我慢もほどほどにして、ツラい月経痛を何とかするためと思って、早めに婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。
痛みは毎月まだまだ続くわけですから、治療でストレスも軽減されるのではないでしょうか。

20代と30代に発症が多い子宮頸がんとは?

いわゆる子宮がんと呼ばれるものには子宮体がんと子宮頚がんの2種類があります。
子宮体がんは子宮の中の『子宮体部』に発生します。
エストロゲン依存性のがんで、妊娠出産経験のない方、更年期や閉経後の50~60歳の女性に多く発症すると言われています。

また、動物性脂肪を多くとる人の方が発生率が高く、肥満・高脂血症・糖尿病の方の罹患率が高い傾向があります。
不正出血やおりものの異常、下腹部の痛みなどの症状から婦人科を受診して発見されることがほとんどです。
一方、子宮頸がんは子宮の入り口『子宮頚部』とよばれる部分から発生します。
発生にはヒトパピローマウイルスへの感染が関連しており、患者さんの90%以上からヒトパピローマウイルスが検出されています。
性交渉によって感染するとされているのですが、感染そのものはまれではありません。
多くの場合は症状がないうちに排除され、排除されずに感染が続いた場合にがんが発生すると考えられています。
初期の子宮頸がんには、まったく症状がありません。
しかし、月経中でないときや性行為の際に出血したり、普段と違うおりものが増えたり、月経血の量が増えたり、月経期間が長引くなどの症状があるときは、ためらわずに早めに受診することが必要です。

また、一部の型のヒトパピローマウイルス感染を予防できるワクチンもあります。
しかしワクチン接種には、まだまだはっきりしていない副作用の問題もあり、抵抗のある方も多いかと思います。
なので、ワクチンを接種するかどうかは関係なく、定期的な子宮頸がん検診を受けることが大切になってきます。
子宮頸がんは、子宮の入り口付近に発生することが多く、検査をしやすく早期発見が可能ながんです。
早期に発見できれば、比較的治療しやすく、よくなる可能性が高いがんと言えます。
病院というと足が遠のきがちですが、体の異変は自分にしかわかりません。
何ともないと笑えるうちに受診することをおすすめします。

関連記事