毎月生理が来る前ってすごくつらいですよね。生理前になるとイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になります。こんな症状には漢方が身体にいいようなので身体の不調を改善してみましょう。またピルについても紹介します。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • 生理前に太るのは常識!そのメカニズムはご存知?

生理前に太るのは常識!そのメカニズムはご存知?

特別たくさん食べたわけでもないし、運動もしっかり行っているのにいきなり体重が増えてびっくりした経験がある人は多いはずです。
ダイエットをしているのになぜか停滞期になって体重が減らず、挫折しそうになったり不思議に思うこともあります。
そんなときは生理周期を確認してみましょう。

生理の前になるとホルモンのバランスが変化するので体が水分をためこんでしまい、自然に太ったような状態になります。
女性の体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つのホルモンが交互に働いて、分泌量が増えたり減ったりすることで排卵や生理が起こります。
特に太る原因となるのは排卵後に分泌量が増える黄体ホルモンです。

黄体ホルモンが増えると基礎体温が上がり、体の中で妊娠するための準備が進められていきます。
このとき水分がたまってむくみやすくなったり、ストレスがたまったり体温を維持するためにエネルギー消費が上がるため空腹を感じやすくなって食べ過ぎの原因になったりするので、太らないように対策が必要です。

逆に生理が終わると黄体ホルモンが減って女性らしさを維持する卵胞ホルモンの分泌が盛んになります。
このときはエネルギー消費が低下するのであまり空腹を感じたりどんどん甘いものが欲しくなったりすることもなく、精神的にも安定しているのでストレスがたまることも少なくなります。

2つのホルモンによって基礎代謝が増えたり減ったりすることや、水分の増加により自然に体重が増えてしまうメカニズムを知っておけばいきなり太ったと勘違いして焦ることもなくなります。
どうして甘いものが欲しくなったりすぐお腹が空いてしまうのか知っていれば対策もしやすくなって、余計に食べてしまう心配もなくて効率よくダイエットを続けられます。

ダイエット中は微妙な体重の変化にも敏感になってしまい、食べていないのに太ったと思ってストレスがたまりますがメカニズムを知っておけば焦らず自分の体調管理ができます。

自分の生理周期に合わせてダイエットしよう

生理周期をきちんと把握していると、太るのを防止するだけでなく基礎代謝の変化やエネルギー消費の低下を利用して効率よくダイエットに取り組むことができます。

生理が終わったあとで、黄体ホルモンが減って卵胞ホルモンの分泌が盛んになっている時期は一番痩せやすいと言われているので、この期間に食べる量を減らしたり運動をすると体脂肪を燃焼して体を引き締めたり、筋肉の量を増やしたりきれいな体を作れます。
普通に過ごしていても体の水分が減ってむくみが取れるのでスッキリと見える時期です。

排卵日を境にして黄体ホルモンが増えてくる時期は、体が妊娠のための準備を行うためエネルギー消費は上がりますがその分空腹感が続いたりイライラすることも多いため、あまりダイエットには向いていません。
水分がたまりやすくなるので体脂肪の量は変わらなくても体重が増えて、太ったと勘違いするケースも多いので食べ過ぎを防止するための対策が必要です。

生理中は体が敏感になっていて、無理なダイエットは禁物なのでこの期間は体を休めるようにして健康的な食事をしたり無理な運動は避けて静かに過ごすのが一番です。
生理の5日目くらいからは再び卵胞ホルモンが分泌されるようになって体が元の状態に戻るので、痩せやすい時期に入ってダイエットのチャンスです。

女性の体はとてもデリケートに作られているので生理周期を無視して食事制限や運動を行っても逆効果になることがあります。
精神的なイライラやストレスも太る原因になってしまうので、まずは基礎体温を測ったり自分の生理周期を詳しく調べてからダイエットの計画を立てると体調を崩したりホルモンバランスが乱れることなく上手に痩せられます。

関連記事