毎月生理が来る前ってすごくつらいですよね。生理前になるとイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になります。こんな症状には漢方が身体にいいようなので身体の不調を改善してみましょう。またピルについても紹介します。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • PMSを緩和するピルはジェネリック医薬品が良い理由

PMSを緩和するピルはジェネリック医薬品が良い理由

ピルは避妊だけではなく、女性ホルモンのバランスを整える効果を持っているので生理不順や辛いPMSの改善にも役立ちます。
女性にとって毎月訪れる生理、そしてPMSはなければ困るものですが、さまざまな悪影響を及ぼしてきて、日常生活に支障をきたす人もいるかもしれません。
痛みや不快感で勉強や仕事に集中できない場合がありますし、プライベートでも旅行などが憂鬱になってしまう人も多く、重いとかなり厄介なものとなってしまいます。

問題はこれらの症状は個人差が大きく、人によってかなり辛くなってしまう場合があることです。
しかも体験しない男性はもちろん、同じ女性であっても完全に理解してくれない場合があります。
生理は健康な女性なら月に一度訪れるものですから、改善できるものなら何とかしたいと民間療法や医薬品を利用している人も多いはずです。
ただ効果がない時もあり、そういった時にピルを試してみると役立ってくれるかもしれません。

日本では避妊用としてのイメージが強く、PMSの改善、女性ホルモンのバランスを整える効果があるというのはあまり知られてはいないです。
ただ避妊するというのは生理周期を乱すことによって行うので、上手く活用することで乱れている人は整えることができますし、そうすると辛いPMSの症状を和らげることもできるかもしれません。

ただホルモンバランスを整えるために使用する時は低用量の方が良く、使い続けることを考えると費用も重要なポイントになります。
そこでおすすめはジェネリック医薬品で、「トリキュラーED」や「マーベロン」「ダイアン」などが安価で便利です。

注意点としては日本では低用量のジェネリック医薬品は薬局やドラッグストアで購入することはできなく、医者の処方箋が必要となります。
他の入手方法としては薬事法をクリアして個人輸入を行ってい業者を利用して通販をすることです。
いくつかあるので、知っておくと今後に役立ちます。

海外からピルを個人輸入は簡単に出来る!

避妊のためではなく、PMSや生理不順の改善を考えてピルを利用するとする場合、継続して使用しなければいけなく、費用が重要になってきます。
ピルは保険の適用が効かない場合もあり、普通に求めると負担が大きくなってしまうのが厄介です。
それだけに安価なジェネリック医薬品の使用がおすすめになり、通販を利用すれば簡単に入手することができます。

ジェネリックを含めて医薬品の個人輸入は、薬事法によって厚生労働大臣の承認や許可が必要です。
それゆえ簡単に求めるためには個人輸入を行っている業者を利用するのが良く、知っておくと便利です。
保険適用はなく全額個人負担となりますが、国内で正規品を保険適用で購入するよりもジェネリックは安くなる可能性が高くなります。

継続して利用するためにはジェネリック医薬品の選び方が大切で、低用量の「トリキュラーED」は日本の病院でも処方されていて、副作用が少なく安全性も確かなので初心者には最適です。
長年使われていることで、効果や副作用が検証されつくしているので、より安心度が高いと考えられます。

次に「マーベロン」ですが、いわゆる第3世代低用量ピルで、日本人の体質に合いやすいのが特徴です。
PMSや生理不順を和らげる効果も高いのでおすすめになります。
「ダイアン」も「マーベロン」と同様の効果を持っていて、体質によって効果が高い方を選んでください。

体質改善は短期で行えるわけではなく、長期間の継続が必要となってきます。
そのためには費用面も気にしなければいけなく、安価なジェネリック医薬品を活用するのがおすすめです。
さまざまな品が出ているので、自分の体質を考えて、より良いものを見つけて利用すと役立ちます。

関連記事